ほのぼのとまったりアプリ開発日誌

ほのぼのがまったりとデスクトップアプリを作る開発日誌

language-hsp3 for VSCode v1.0.1

木枯らしが吹く季節になりました。ショウガの効いた鶏のから揚げを食べて過ごしています。

language-hsp3 for VSCode v1.0.1

ついにバージョン1系になりました。メジャーアップデートです。

機能増強を主眼に置いて、開発を進めました。

v1.0.0の更新内容

  • アウトライン機能に一部対応しました。
    • 項目ダブルクリックで定義元へ移動します。
    • 断層リンク機能も動きます。
    • 開いているエディタの内容を一括で取得しているので、アウトラインが応答しない時間が掛かることがあります。
    • language-hsp3.outline.enableから機能のOn/Offができます。
  • ステータスバー機能を実装しました。
    • 使用する外部ツールをステータスバーから切り替えられます。
    • 使用するにはlanguage-hsp3.executor.enabletrueに変更してください。
    • 有効化すると、従来の外部ツール設定がlanguage-hsp3.executor.pathsで上書きされます。
  • ステータスバーに外部ツール実行中アイコンが表示されるようになりました。
  • ヘルプマン機能を実装しました。
    • Ctrl+F1で設定されたhelpman.exeを呼び出すことができます。
    • language-hsp3.helpman.enableonlineに変更すると、既定値Online HSP Document Libraryで検索します。
    • onlineで使用するアドレスはlanguage-hsp3.helpman.path.onlineで変更できます。(置き換え文字は懐かしの%sです。)
    • helpman.exeの絶対パスは、ステータスバー切り替えと連動します。
    • language-hsp3.helpman.enabledisableに変更することで、ヘルプマン機能を停止できます。

v1.0.1の更新内容

大文字でもプリプロセッサキーワードを色分けしてしまう不具合修正と、アウトラインに #const と #enum が表示できるよう追加しました。

v.1.1.0の更新計画

linter-hsp3の移植がうまくいけば、v1.1.0としてリリースしたいと思います。

Atom版の更新進捗

現在、VSCodeの成果物をAtomへ逆輸入しています。

そのまま逆輸入すると、文法エラーを色分けする機能が効かなくなる症状が出てしまい、牛歩の進捗です。

(文法エラー指摘はlinter-hsp3に任せてしまっても良い気がします…)

 

インフルエンザが猛威を振るっています。体を冷やさないように気を付けて、のどの潤いを保ちましょう。

部屋の湿度を手軽に上げる方法として、タオルを水で濡らして固く絞り、タオルをブンブン回転させるように振り回すと、あっという間に加湿できます。振り回す前に空間の確保を念入りにしてください。

令和元年もあと数週間となりました。無理なさらず、程々に頑張りましょう。

hspc v2.0.2 を HSPプログラミングコンテスト2019 に応募しました。

セミ達が鼓膜敗れそうな程に鳴く季節です。麦茶で厚さを凌いでいます。

今年も無事に hspc を更新できましたので、コンテストへ応募しました。

hspc v2 の主な更新概要

今年は hspc のメジャーアップデートです。既知の不具合修正や、取り回し易いように作り直しました。

  • ダブルクォーテーションに対応しました。
    • これで、空白文字を含むパスを囲って対応することができます。
  • -r で実行するスクリプトに、引数を渡せるようになりました。
  • ライセンス表記とヘルプドキュメントが、hspc.exeに同梱されました。
    • これで、readme.mdファイルをコピー&ペーストする必要がなくなりました。
  • 呼び出し元のカレントディレクトリを認識できるようになりました。

その他、hspcのメッセージにIDを付けました。UTF8なターミナルでも数字が文字化けしない特徴を使って対応しやすくしました。 (hspcのデバッグ時に、どこのメッセージか調べるためでもあります。)

language-hsp3 環境への導入方法について

VSCode版は拡張機能側でv2に対応していますので、hspc.exeを上書きするだけです。

atom版は、パッケージ設定「Delete quotation character」オプションのフラグを閉じてください。空白文字を含むファイルパスを正しく指定できない問題が生じます。

Wine環境

Kubuntu仮想マシンに入れて、VSCodeやWineをインストールして、language-hsp3 for VSCodeのwineModeオプションのデバッグを行っています。

ほぼ素のWine-4.0 (Ubuntu 4.0-1)環境で動作(Kubuntu19.04)するところを確認できました。

ただし、今後Wineでhspc v2が動く保証はできません。ご了承ください。


暑いです。記憶にないほどに今年は暑いです。スイカに噛り付いています。

部屋の中だからといって、水分補給をおろそかにすると、めまいなどひどい目に遭います。しっかり水分摂取しましょう。

砂糖もののお菓子より、タンパク質な食べ物を取って、夏バテを防止しましょう。

もちろん、ほどほどに頑張りましょう。ほどほどです。

language-hsp3 for VSCode を公開しました。

梅雨の季節になりました。木くらげ酢の物を食べています。

令和に入る前頃にVSCodeでemojiにヒットする文字プロパティを見つけることができたので、atom向けに公開している language-hsp3 の完全移植ができました。

marketplace.visualstudio.com

移植元と相違点があります。主に機能追加と不具合修正です。

構文ハイライト

  • 数字
    • 負号を演算子としてハイライトしていたのを数字の一部に含むよう変更しました。
    • 浮動小数点記法が正しくハイライトされないのを修正しました。
  • ラベル
    • 命令/関数の第一引数に書かれたラベルをハイライトできるようになりました。
  • 命令
    • 命令をハイライトできるようになりました。
  • 変数
    • 変数初期化文を変数としてハイライトできるようになりました。

コマンド

wineを簡単に使用する機能を追加しました。 wineでコンパイラを実行、ファイルパスをwinepathでWindows形式に変換するので、hspcmp.exeも使用できるようになります。

ショートカットキー

F5は、デバッガー機能で埋まっていたので、Ctrl-K F5に設定しました。 Ctrl-Kを押した後にf5を押すことで実行されます。 Ctrl-F9は移植元と同じです。

VSCode のエディタ設定

今現在、HSP3のサンプルソースファイルで使われるコードページの多くは Shift_JIS です。

VSCodeをインストールした直後だと、コードページの既定値はUTF-8になっています。

そのため、HSPのソースファイルを開くたびに、Shift_JIS で開き直す場面に出会うと思います。

VSCodeには、言語ごとにエディタの設定を変更する機能が備わっています。

vscode - Visual Studio Codeで言語ごとにインデントの設定をしたい - スタック・オーバーフロー

qiita.com

VSCodeの設定画面で ”ワークスペース” を選択した後に "{}" マークをクリックして、開かれた settings.json ファイルに以下のJSONコードを設定してみてください。

{
  "[hsp3]" : { "files.encoding": "shiftjis" },
  "files.eol": "\r\n"
}

これで、*.hsp, *.as ファイルは Shift_JIS が既定のコードページに設定されます。

HSPスクリプトエディタの仕様に合わせるなら下記のように設定します。

{
  "[hsp3]" : {
    "files.encoding": "shiftjis",
    "editor.detectIndentation": false,
    "editor.insertSpaces": false,
    "editor.tabSize": 4
  },
  "files.eol": "\r\n"
}

蒸し暑いと酢の物が食べたくなります。鶏のから揚げには、ゆず酢やレモン果汁をかけています。これでしっかり体力を補います。

熱中症、脱水症に気を付けて、無理せず頑張りましょう。